Prague, Capital of the Twentieth Century: A Surrealist History【楽天海外直送】【英語の本】【洋書】

   

Prague, Capital of the Twentieth Century: A Surrealist HistorySetting out to recover the roots of modernity in the boulevards, interiors, and arcades of the "city of light," Walter Benjamin dubbed Paris "the capital of the nineteenth century." In this eagerly anticipated sequel to his acclaimed Coasts of Bohemia: A Czech History, Derek Sayer argues that Prague could well be seen as the capital of the much darker twentieth century. Ranging across twentieth-century Prague's astonishingly vibrant and always surprising human landscape, this richly illustrated cultural history describes how the city has experienced (and suffered) more ways of being modern than perhaps any other metropolis. Located at the crossroads of struggles between democratic, communist, and fascist visions of the modern world, twentieth-century Prague witnessed revolutions and invasions, national liberation and ethnic cleansing, the Holocaust, show trials, and snuffed-out dreams of "socialism with a human face." Yet between the wars, when Prague was the capital of Europe's most easterly parliamentary democracy, it was also a hotbed of artistic and architectural modernism, and a center of surrealism second only to Paris. Focusing on these years, Sayer explores Prague's spectacular modern buildings, monuments, paintings, books, films, operas, exhibitions, and much more. A place where the utopian fantasies of the century repeatedly unraveled, Prague was tailor-made for surrealist Andre Breton's "black humor," and Sayer discusses the way the city produced unrivaled connoisseurs of grim comedy, from Franz Kafka and Jaroslav Hasek to Milan Kundera and Vaclav Havel. A masterful and unforgettable account of a city where an idling flaneur could just as easily be a secret policeman, this book vividly shows why Prague can teach us so much about the twentieth century and what made us who we are.Dimensions: 15.24 x 4.57 x 22.86 centimetres (1.03 kg)ウォルター・ベンジャミンは、「光の街」の大通り、インテリア、アーケードの近代化のルーツを回復するために、パリを「19世紀の首都」と呼びました。

デレク・セイヤーは、ボヘミアの海岸であるチェコの歴史に絶大な期待を寄せているこの続編では、プラハは20世紀の大都市と見なすことができると主張しています。

20世紀のプラハの驚くほど活気に満ちた、そして常に驚くべき人間の景色を見渡すこの豊かな文化的歴史は、都市がどのように他の大都市よりも現代的な方法を経験した(そして苦しんでいる)現代世界の民主主義、共産主義、ファシストの闘いの岐路に位置するプラハでは、革命と侵略、国家の解放と民族浄化、ホロコースト、ショーの試練、そして「社会主義」の夢を吹き飛ばした。

人間の顔。

しかし、戦争の間、プラハがヨーロッパで最も東方の議会民主主義の首都だったとき、それはまた、芸術的で建築的なモダニズムの温床であり、パリに次ぐシュルレアリスムの中心でした。

プラハの歴史的建造物、モニュメント、絵画、書籍、映画、オペラ、展覧会など、これらの年を中心に、プラハはカトリック教会であるフランツ・カフカとヤロスラフ・ハセクからミラノ・クンデラに至るまで、悲惨なコメディーの魅惑的な愛好家を生み出した方法について、セーラーはシュールレアリスムのアンドレ・ブルトンの「黒いユーモア」のために作られました。

Vaclav Havel。

アイドリング・フラヌールが秘密の警察官になることができる都市の豪華かつ忘れられない記述であるこの本は、プラハが20世紀について何を教えてくれるのか、私たちが誰であるのかを生き生きと示している。

寸法:15.24 x 4.57 x 22.86センチメートル(1.03 kg)------------------------------------ 当店は、アメリカ カリフォルニアを本店とする海外ショップです。

通関時に関税・輸入消費税が課税される可能性があります。

商品お届けまでに、約1ヵ月かかります。

「伝票番号の追跡サイトへの反映には10日程度かかります」 当店のカード決済代行会社は Rakuten Commerce LLC です。

------------------------------------

  • 商品価格:4,065円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)